MICCA(ミカ)、彼の惑星の解放と、彼らが陥りかけた救世主の罠

Updates from Corey Goode's Latest Tours


admin    06 10月 2021
 Corey Goode, Micca    9,689

corey_ships.jpg

オリオングループを排除し、私たちの文明を解放するために、ETグループが私たちの太陽系にやってくるという話はたくさんあります。これらの話は、いつかは実を結ばなければなりません。12月になっても太陽系が解放されず、何も変わらなかったらどうなるでしょうか?私は驚かされています。何度も何度も言っているように、片付けるべきは私たちの問題であり、私たちは天使のような種族が私たちのために仕事をしてくれるという救いの物語を信じるように騙されていたという事実に、大衆意識をどれだけ備えさせてきても、これなのですから。

ミカと彼の種族の人々も同じことを経験しました。彼らは指導者や預言者から、自分たちの文明の発達を操っていた悪霊や悪魔、ETが、自分たちが望む自由をもたらしてくれる天使のET連邦によって取り除かれることを信じるように説得されていたのです。

ミカと彼の種族の人々は傍観して待ち続け、さらに待ち続けました。この文明は、宗教を通じて、いつか救世主が自分たちの惑星を解放するためにやってくると、長い年月をかけて信じ込まされてきたのです。ミカたちは、その救世主が来るのを待つために、さらに200年近くを無駄にしました。その間に、彼らの技術は精神性よりも早く進歩し続け、ついには、彼の惑星の「権力者」が、人々の生活を一変させるような技術の公開を発表しましたが、それは最後にはAIのトロイの木馬であることが判明します。

ついに権力者たちは、彼らの文明を「良い方向に変える驚くべき新技術を公開する」と発表しました。彼らは、ポジティブなETの連邦が(オリオン・グループとして知られる)トールグレイ、レプティリアン、インセクトロイドから彼らの太陽系を解放し、彼らの文明に高度な技術をプレゼントしていることを人々に伝えました。人々は、フリーエネルギー、反重力船、そして私たちが知る何百万倍もの速さで、ユーザーの心に直接情報を映し出すインターネットを手に入れました。

数年のうちに、国民の30%がこの新技術をコントロールするためのチップやナナイトを体内に受け入れました。そして、この30%のチップ化された人々は、全国民にこれらの技術を体内に入れることを義務づけ始めました。彼らは、この技術を使えば、あらゆる病状をモニターして治療することができ、国民の生活の質を格段に向上させることができると宣言しました。大衆は知りませんでしたが、こうしてAIプロフェット(AI預言者)となった人口の30%は、ナノテクノロジーの成分を食品、医薬品、環境に混入させていたのです。

これらのナノテクノロジー成分は、特定の周波数が放送されると、宿主の体内で組織される自己同化型の機械でした。移植(インプラント)された人々のナノテクノロジーからの信号を中継するために、彼らは非常に大きなインフラを構築していました。しかし、この新しいインフラ(5Gに似ている)は、体内の成分をナナイトマシンに同化させるための信号を放送していることは、一般の人々には知られていませんでした。

ミカと彼の種族の人々は、オリオン・グループと彼らが崇拝するAI神の次の犠牲者になる寸前まで行って、ほとんど失われかけました。

しかし、そうなる代わりに、自分たちの惑星を支配しているAIプロフェットの暴虐行為にショックを受けて、目が覚めたのです。そして、トールグレイとレプティリアンが何千年もの間、彼らを浸し続けていた周波数、彼らの思考と感情をコントロールしてきた周波数から目を覚まし、飛び出し始めたのです。この周波数から抜け出した後、彼らはオリオン・グループとAIの餌となっていた感情エネルギー(ルーシュ)を枯渇させ始めました。

これが起こると、オリオン・グループのほとんどが深く不活発な冬眠に入り、彼らのナナイトはある種のパワーセーブモードに入りました。彼らの太陽系から逃げようとした指導者たちの中で、オリオン・グループのメンバーはわずか数千でした。まだ活動していたオリオン・グループのメンバーは、小さな戦いですぐに打ち破られました。その後すぐに、彼らはオリオン・グループの都市や基地がある洞窟に辿り着きました。一度所在地がわかってからは、彼らはそれらを一掃し始めました。そうすることで、彼らの人々がどれほどひどい奴隷状態に置かれていたかを初めて知ることができたのです。

ミカはまた、この歴史的な変化が彼の惑星で起こった後、ズールー族が現れ、人々の癒しを手伝い、人々にポジティブな成長と癒しをもたらすスピリチュアルな実践への道を見つける手助けをし始めたと話してくれました。ミカは、オリオン・グループが自分たちの意識を逆手に取り、自分たちを騙してそれぞれのバージョンの地獄(彼の惑星では3つのバージョン)を持つ宗教を作らせたと話してくれました。ズールーは人々に、彼らがいかに精神的にだまされ、干渉されてきたかを示した後、「ワンネス」の概念と彼らの真の力を紹介しました。

ズールーは、ミカの種族の人々が自分たちの集合意識からこれらのバージョンの地獄を作ったこと、そしてそこに囚われている人々を解放することができることを説明しました。ミカの種族の人々の許可を得て、ズールーは彼らのバージョンの地獄に入り、魂を解放して、彼らが癒された完全な第4密度の意識として自分たちの惑星の転生サイクルに再び参加できるようにしました。

これらの出来事は、彼らの太陽系でのソーラーフラッシュの前に起こりました。彼らの大衆意識が一定のレベルに達していたため、ソーラーイベントは何の恐れもなく、期待とインスピレーションに満ちたイベントとなりました。彼の種族の人々は、オリオン・グループとそのAI神のアジェンダから解放され、第4密度の調和の中に存在しており、ズールー族は彼らが移行に落ち着くようにオープンに助言しています。

間違ってはいけないのは、私たちが自分の役割を果たさない限り、天使のようなETが私たちを助けに来たり、援助したりすることはないということです。勝利の物語を語ることで気分が良くなるかもしれませんが、多くの人が今語り継いでいるような勝利は、行動することでしか達成できません。救世主による解放の話は慰めになるかもしれませんが、それを信じた人たちは、自分たちで解放を確保するために使えるはずの多くの時間を無駄にしてしまいます。

いくら強調しても足りないのは、私たちが自分の役割を果たさない限り、天使のようなETが私たちを助けてくれることはないということです。救世主によって人類が解放されたという話は、慰めにはなるかもしれませんが、私たちの条件での解放を確保するための個々の行動を妨げることになります。

このレポートの詳細は、一連のビデオで説明します。また、AscensionWorks.TVにも掲載しますので、そこでは検閲の心配をせずにオープンに話をすることができます。

コーリー・グッド

Translator: Kazuki Tahara (SBA JAPAN) 

使用ポリシー:この記事を転載される場合、全記事をそのまま転載するのではなく、記事の3分の1と本ページへのリンクを掲載するようにして下さい。その上でさらに部分的に引用して頂くことは可能です。SBAサイトはこのルールに従って情報を再掲載して頂ける全ての方に感謝致します。

使用ポリシー: 1/3 この記事と記事の残りの部分は、このページへのリンクを投稿してください。他の部分から引用することができます。それいただければこの標準に従うすべての人にこの情報を再ポストだろう。

Loading...